さんべ便り

雪の日のフィールドサイン

2017年12月06日
雪の日のフィールドサイン 雪の日のフィールドサイン 雪の日のフィールドサイン

 冬型の気圧配置が続き、三瓶では雪が降っています。
 ところで、雪の積もった朝、真っ白な雪に初めて足跡を付けるのは、子どもにとっての楽しみ。大人でもちょっと楽しい気分になります。
 しかし、足跡を残すのは人間だけじゃないのです。画像は、交流の家の文武伝承館と弓道場へ向かうところで撮ったものですが。動物の小さな足跡が残っていました。エサ探しをしていたのでしょうか、建物入り口のすぐ近くまで来ています。ぴょんとジャンプした間隔は30~40㎝くらい…雪の上だとジャンプ力を測ることもできますね。
 野生動物は夜行性だったり、隠れるのが上手だったりするので、出会うのが難しいですが、雪の降った後は足跡が残っています。姿の見えない動物たちの行動や生活を想像するのは楽しいですよ。
 雪が降った翌日、天気が良ければ山の方へちょっとだけ足を延ばしてみると、何か発見があるかもしれません。もし面白い足跡を見たことがある方は、ぜひ教えて下さいね。

 FROM:しまさん



さんべの天気

道路情報

ページトップへ